中学生の時に一心不乱になったのはハイスクール受験について部活を引退したあとの練習だ。
ハイスクール受験について猛勉強。死ぬほど練習しました。
中3の夏季で部活を引退すると誰もが受験ファッションだ。
わたくしがいる県内は公立王国で、父母も学資が安っぽい公立ハイスクールに頼むから受かってくれという圧力が凄いです。
午前早起きして勉強するのが苦手なので、ウィークデーは深夜正午までといったスパンを決めて日々お粗末4時間はセミナー以外に勉強していました。
週末や祝日はお粗末6スパンぎゅっと練習できるように必ず守っていたことがあります。
かりに遅くても深夜正午にはテーブルから離れてお風呂に入って寝ることだ。夜までだらだら勉強しても効率が悪くなるだけです。
深夜正午までにどれだけ出来るか自分にプレッシャーをかけていました。
勉強に用いる時間も大切ですが、公立入試に必要な5授業を見落とし無く満遍なく勉強するために工夫をしていました。
時間をかけて徐々に申し込む数学やEnglishの長文の間に、理科や世間の短時間でもらえる暗記を挟んで、延々と中だるみしないようにしました。
逆に理科や世間の従前問合せを徐々に開くときは、間に漢字成長や英単語、数学の公式の暗記などを入れました。http://lake-shinsa.hatenablog.com/