わたくしが編み物を始めたのは、長女を受胎した3階層前のことです。

編み物が得手だ。
ぼくが編み物を始めたのは、長女をおめでたした3時前のことです。
それまで、編み物にはまるっきり注目がなかったのですが、ベイビー装具を探しているときに出会った、かぎ針編みのブランケットが滅法かわいかったのですが、手編みなだけあって単価は2万円前後と結構高価な一品でした。
編み物が好みの妻も一緒に注文を通じていたので、そのブランケットを見て貰うと、「編み皆さんは単純ですこぶる明瞭。基礎と当てはまるレベル」というのです。
それならば、自分で作ってみようかなーと思い、妻から教わったことが動機でした。
やっと手芸屋ちゃんで編んで見るブランケットの毛糸を選ぶって、詳しい彩りの違いで数種類もあり、始まりからほんとに嬉しい時でした。

初めて編んですブランケットは、かぎ針編みのイロハの編みほうが3型式程しか出てこない編み皆さんでしたが、でき上がりはとても愛くるしく、満足のいくものになりました。
購入すると2万前後もするのに、作れて仕舞うんだーとフレーバーを満たし、かぎ針編みのレシピ本を購入して自分で形作り始めるようになりました。
季節によっても毛糸の種類が変わるので、1長期間楽しむことが出来るのも醍醐味の1つだ。おすすめはこちら!